献血ルームの看護師求人、給料について

看護師求人・転職【Qナース】 > 献血看護師 > 献血ルームの看護師求人、給料について

献血ルームの看護師求人、給料について

日々の仕事のプレッシャーがきつい、と感じる看護師や家庭と看護師の仕事を両立したいと考えている看護師の方などが多く転職に興味を持つという献血ルームでの看護師業務。

夜勤のある働き方をしてきた看護師にとって、日勤のみで働く事が出来る生活は魅力的ではないでしょうか。

子供が小さい間だけでも日勤のみで働きたい!
という看護師さんも多いと思います。

献血ルーム(献血センター)の求人、日本赤十字社の献血ルームでのお仕事はどういった仕事内容になるのでしょうか、また給料は?

献血ルームの看護師求人を探している方も、興味があるので調べているといった方も、参考になればと思います。

正職員、非常勤・パート看護師、バイトなど色々な雇用形態で募集されていると思います。

献血ルームで働くメリットは?

献血ルームで働く看護師、メリットとしては、

●日勤のみ勤務で働ける

日勤のみで働く事が出来る生活を希望される看護師は多いと思います。

特に結婚後、家庭・育児があると夜勤は本当にしたくない、と考える方が増えます。
大変なんですよね、やっぱり。

なので子供が小さい間だけでも日勤のみ勤務で働きたい
そのために転職も考えている、という看護師は多いです。

病棟勤務で夜勤により体調を崩してしまった看護師の方も、転職先として献血ルームを希望される場合もあるそうです。

やはり夜勤無しで働く事が出来るのは、大きなメリットです。

●精神的に余裕が持てる

働く場所にもよりますが、急性期病院などで勤務をしていると仕事のプレッシャーから精神的に参ってしまう事もあると思います。

緊張が連続するために、働く看護師の方がうつ病になってしまうケースもあります。

献血ルームに来る人は基本、健康な方ですから、緊急性の高い仕事はあまりないと言って良いでしょう。
そのため、気持ちにはゆとりを持って仕事をする事が出来るでしょう。

逆にそれが物足りなくなって、また転職を考えるナースもいるくらいです。

献血ルーム働くデメリットは?

献血ルームで働く看護師のデメリット

●給料は少ない

一番はやはり給料が少ないこと。

これは夜勤無しですから、給料が下がるのは仕方ないですよね。
しかし、その分日々の生活で使える時間が増えます

パート看護師として勤務する場合、10時からの出勤といった求人も見かけます。
これだと子供を保育園や幼稚園に送ってもまだ余裕があるのではないでしょうか。

給料が少ないと言っても、日本赤十字社の看護師は公務員に準じますし、経験加算となりますのでそれほど基本給が下がるケースは少ないと思います。

●接遇に気を遣う

献血ルームでの仕事は、採血業務がメインとなりますが、ボランティアで来てくださってる方は患者さんではありません。

また来てもらうために、粗相の無いように対応する事も大切です。
そうした気遣いが疲れると感じる方は多いかもしれません。

仕事自体は手順が決まっているため、未経験であってもすぐに慣れるそうです。

●スキルアップに関して

献血ルームでの看護師の仕事は、献血に関する業務がメイン。
そのため採血、注射スキルはさらに向上するでしょう。

しかし、その他の看護スキルは伸びないため、将来的にそこが不安というナースは多いそうです。

そのため他に良い条件で働ける職場が見つかったり、病棟に復帰する看護師が多く離職率は高めです。

なので、年中、日本赤十字社の看護師は求人・募集がされているんですね。

ただし、しばらくは日勤で働きたいという方にとっては福利厚生も良いですし働きやすい職場である事はいえるでしょう。

献血ルームの看護師求人を見つけるには

献血ルーム看護師求人を見つけるには、看護師転職サイト、看護師紹介会社を利用するのが便利でしょう。

勤務条件に関して希望があれば、それに合った求人を優先して探してくれます。

東京、大阪、札幌、名古屋、広島、福岡、鹿児島など色々な地域で探す事が出来るでしょう。

赤十字血液センターの求人、献血ルームなどの看護師求人を探す際にも以下の看護師紹介会社が便利でしょう。

マイナビ看護師

看護のお仕事

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

といった看護師紹介会社で献血ルームの看護師求人を探す事が可能です。

利用してみてはいかがでしょうか。


関連記事

  1. 献血ルームの看護師求人、給料について
  2. 献血看護師求人