病院で働く看護師から治験業界への転職

看護師求人・転職【Qナース】 > 治験看護師・治験ナース > 病院で働く看護師から治験業界への転職

病院で働く看護師から治験業界への転職

転職先として企業も良いな、と興味のある看護師の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

治験業界への転職

募集職種としてはよく見かけるのは、以下の求人かと思います。

・治験コーディネーター(CRC)
・臨床開発モニター(CRA)

看護師としてのキャリアを活かして働きやすいお仕事と言われます。
より看護師としての経験を活かす場面が多いのは、治験コーディネーター(CRC)の方でしょうか。

CRCの重要な役割として、被験者(患者さん)と医師との間を取り持つ事になるためです。

そうした働き方は病院勤務時代にも経験されている看護師が多いでしょうから、CRCには看護師出身者は適任だと言われています。

事実、薬剤師や臨床検査技師なども採用される事がありますが、元看護師が多い職業としても知られています。

CRC、CRAの詳しい仕事内容、役割などに関してはまた別記事としてまとめたいと思いますが、治験企業で働くメリット、デメリットもまたやはりあります。

そうしたことも理解した上で、転職をされると後から後悔する事は少ないでしょう。

民間企業で働く場合、当然ですが大変な事も多々あります。
しかし、やり甲斐も病院で働く時とは違う大きなものがあるでしょう。

色々と情報収集をされることをおすすめいたします。

ただ、看護師という職業のメリットは、治験看護師として働いたとしても、また病院へ転職しやすい(戻りやすい)事
色々な可能性を持って治験コーディネーター(CRC)や臨床開発モニター(CRA)の情報収集をされると良いでしょう。

治験企業といっても、福利厚生の充実さも違いますし、実際の仕事内容、勤務時間、残業、研修制度などそれぞれで違ってきます。
まずは情報をしっかりと得られる事をおすすめします。

治験看護師の求人を見つけるには

治験看護師としての情報を得るには実績も多く、治験業界への転職にも強いマイナビ看護師などを利用される事をおすすめいたします。

マイナビ看護師では「未経験者のための治験業界セミナー」を開催しています。
実際の求人などの紹介もあるようですから、具体的に知りたい方にも参考になると思います。

こうしたセミナーは企業へ転職を希望される場合には、情報収集に活用されると良いと思います。

マイナビ看護師 治験セミナー情報

他には、治験コーディネーターなどへの転職の場合、

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

といった看護師紹介会社の利用もおすすめです。