夜勤が体力的に辛いから転職

看護師求人・転職【Qナース】 > 看護師の悩み > 夜勤が体力的に辛いから転職

夜勤が体力的に辛いから転職

看護師の悩みとして夜勤の辛さがありますね。

夜勤がある分、高給与になりやすい点が看護師業務の魅力でもありますが、体力的に疲れを感じているナースも多いと思います。

また夜勤と日勤を交互に繰り返すシフトの場合、なかなか生活のリズムを作ることが出来ませんよね。

休日を楽しもうと思っても、生活のペースが崩れていると、どうしても有意義に使うことが出来ません。

中には1日中寝続けて休日が終わってしまった...という看護師もいると思います。

私もシフト制の仕事をしていましたが、遅い勤務時間の翌日に早朝勤務が入ると、1日の区切りも曖昧になったりします。

どこまでが昨日で、どこからが今日か分からなくなるんですよね。。

特に看護師の場合、夜勤と日勤になりますから、生活のリズムが狂って体調不良に繋がることもあるのではないでしょうか。

そのような夜勤の辛さが原因で転職を考えるナースも多いようですよ。

新卒や第二新卒として病棟で働くことは、今後の看護師人生を考えて重要だと思いますが、ある程度の年齢に達した後は勤務時間を選んで働きたいですよね。

結婚や出産を機に家庭に入ることもあるでしょうし、その場合に夜勤バイトを続けることは難しいと思います。

日勤で入れる職場、体力的に楽に働ける職場を希望されることもあるでしょう。

その場合は看護師紹介会社に相談されると良いですね。

紹介会社の転職成功事例を見ると、少々強引な希望条件でも、仕事探しに成功しているようです。

たとえば午前中のみの勤務で、自宅から近い距離の病院という条件で仕事探しに成功した看護師もいますし、毎年夏だけ働ける職場を見つけた方もいます。

看護師は今も人材不足が懸念されていますし、24時間体制の託児所・保育所を完備してでも復帰してもらいたいと考えている病院も多いので、夜勤以外の職場も見つかる可能性が高いですよ。

夜勤で身体を壊しては元も子もありませんので、限界を感じている看護師さんは転職を考えてみて下さいね。


関連記事

  1. 夜勤が体力的に辛いから転職
  2. 夜勤が多くて辛いから看護師転職を考える
  3. 看護師の悩みで多いのは人間関係?
  4. 看護師の転職回数、何回まで大丈夫?